By tr.4suspension, 2017年10月11日

…technical pan25—このコントラストになります。通常は。現存する現像液で現像することが前提。しかし田村写真さんに現像をお願いした際驚しました。まったく違う描写。なぜですかと伺いました。現像液が95年に製造中止になったもので現像したからですと。それを冷凍から冷蔵し時間をかけて分離しないように液状に。あと数本しかありません。それが見た方は限定されてしまいますが京都 藤井大丸さんに展示させていただいたあの6枚なのです。もうすでにフィルムという選択自体がつまりは限られた行為なのかもしれません。しかし闘う人は僕は好きですし共感じす。ここまで書いたことは決して難しい話しではないですよ。現状もう印画紙の選択もないですし。しかしフィルムには " 何か " は写ります。